googleAdd

めだちんと初心者Hの日常 その2

未分類
H

こんにちは。ホップめだかのです。

 

今回は、メダカの飼育で悲しかった出来事を書いていきたいと思います。

ひとつめは、初夏の頃 偶然にも我が家に住む事になった初めての親魚。

今まで私は、メダカの購入は全て稚魚でした。

理由は一番最初に、頂いたサイズが稚魚だった為。

周囲のめだちんに詳しい方々からは、メダカを飼うには親魚。

親魚を飼っておけば、いくらでも卵を産むしそして当然ながら増えるから。

その助言は、残念ながら私のお耳を右から左へ通過。

その稚魚達が大きくなり、そして先ほど書いた親魚も合わせ

全てに満足し、品種も一通り揃ったころ

朝いつものように、めだちん様に朝のご挨拶をお伺いしたところ水槽から

異臭が「何やら死臭くさい...」怖々開けてみると75匹いたはずの

めだちん様が4匹に...。

考えられる要素はこの3つ。

水草を育てるブロック状の栄養剤から、液状の物に変えたから。

はたまた夏の炎天下の水温上昇。

あとは酸素不足。

すだれやエアレーションで慌てて対策しました。

私は、部屋飼育もしてるので蛍光灯やヒーター。

いつもみんなには、手をかけ過ぎと怒られています。

何もかもが初体験。はじめての夏、はじめての冬。

心情的には正直楽しみよりも、無事に冬越しできるかの

ドキドキのほうが強いです。

がんばれ めだちん!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました